劇団TAKEITEASY!前渕さなえがきままに更新する 日記のサイト!
--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2005.10.15(Sat)

昨日はテクイジメンバーと
スタイジオライフを観劇してきました~!
最近なにかと私達はスタジオライフの芝居を見逃してません!
チェックチェックです。
なんせ、アモーレのライバルはスタジオライフですから・・。
まあ、明らかにあちらの方が女役は・・ごにょごにょ・・。

そんなこんなで「白夜行」楽しませてもらいました。
カーテンコールでは毎回のごとく記者会見のように
写真のフラッシュが!
最初見たときは小劇場ではまずありえない光景だったので
口が開いたのを憶えてます。
いや~すごいです。

そして、帰りに山根さんに恐怖のおすそわけをしました。
それは何かというと
最近、「新耳袋」(山根さんがはまっている)並の恐い体験話
を聞いて鳥肌がたったのです。
3日前に聞いたのですが恐くて恐くてお風呂で
髪を洗うときに目がつぶれない状態です。
だから誰かに話したくて山根さんに言いました。
でも、まだ恐怖は続いていて
ブログに書くことにしました。

ある男性Tさん(仮名)の体験談。(知り合いの人が本当に体験した話です)

Tさんはすごく縁を切りたい女性がいたらしいです。
しかしなかなか別れを切り出しても別れてくれなくて
ほとほと悩んでいたそうです。
そこでネットで「縁切り」と検索して
四ツ谷の方に縁切りをしているというお寺があったので
そこに相談にいったそうなんです。
そこで見てもらうと
「あなたには色情狂が憑いているから、別れたくても無理ね」
と言われたそうです。
Tさんが「どうしたらいいですか?」
というと
「この御札で毎日一枚経をとなえなさい、御札がなくなったら
別れられるでしょう」
と言って何枚かの御札を渡されたのです。
Tさんは言われたとおりに毎日毎日
一枚づつ御札の経をとなえていき
ついに御札がなくなった朝
いつものように出かけようと
車に乗り込んだそうです。

そのとき!!!

突然!

座席にシートベルトを締められたように押し付けられ
金縛りにあいました!
そして誰かが首を絞めたのです!
苦しくて苦しくて息ができない・・。
そのとき必死に目をあけて車のミラー
を見たら・・

なんと・・!

目が血走って鬼みたいな女が首を絞めていたのです!!
多分このような状態です

051015_224814.jpg

文章では説明しにくいので
絵を描いてみました。

その人は死ぬ!と思ったそうです。
でもどうせ死ぬならと「般若心経」を唱えると
(その人は全部そらで言えるらしい)

その首を絞めていた女の人が
突然
ウッ・・・ううわああああ・・!」
と言って
バビューーン!
という音とともに車の窓から飛んでいったそうです・・・。
(バビューンって・・、ちょっと笑ってしまったけど・・)

そして、その後Tさんは別れたかった女性が
突然「ごめんなさい」
と言ってきてくれたので別れられたそうです・・。

その話を一緒に聞いていた人に
いきなり腕をつかまれて
「ギャーッ」って本気でいいましたもん。
その人も恐くて私腕をつかんだみたいだけど
お互い「ギャー」ですよ。

やっぱり見える人には霊って見えるんだな~と思うと
恐くなってきて
その日の夜は、お風呂入ってるときに一瞬電気が
暗くなったような気がしてマジでビビっていました。
(ビビル大木ならぬビビルさなえです)

当分。。

続きそう・・。


明日は、アモーレ讃岐の旅です。

明るい話題書くぞー!

そうそう!!
本日よりチケット一般発売です!!
スポンサーサイト



>EntryTime at 2005/10/15 19:37<
■コメント■
この記事へのコメント一覧

「さぶさぶ」
新耳袋というと・・・、
この前、猫さんで一緒に舞台にたたれてた
えん魔さんが毎年お盆に一心寺で
百物語やってますよねぇ。
去年、今年と観に行かせてもらったのですが
そこでいつも(2回しか見てませんが)新耳袋取り上げられてます。
えん魔さんがやる百物語ですから怖いですが
笑いもてんこ盛りっていう感じで笑って帰ってます(笑)。

で・・・えん魔さんて・・・さなえどん、3人分の大きさありそうですね・・・、
体重も、3倍・・・あ~怖い怖い~~~(震)。
2005/10/16(日) 18:30:55 | URL | お~い #t6yROzT.[ 編集]
白夜行か
気になっていた舞台なんですが、今週は出かけられずに諦めていました。
第2部に至っては更に絶望的なスケジュール。
その割にルーブルの最終日に潜り込んだんですが……(^^;)

小説の方は文庫化を待って(3年ほど前に)読みましたが、凄い作品でしたね。ミステリと言うよりはピカレスク的な作品でしたけど、東野圭吾の物語構成力とでも言うのか、ぞくぞくさせられた作品でした。
お薦めしておきます。
2005/10/17(月) 00:59:48 | URL | KITORA #nLSH.iLA[ 編集]
お~いさん→さぶいですよね~!でもあんまり回りの人には怖くないって言われた・・。
えん魔さんの百物語、いつもチラシは見るけど一度もみたことないんですよね・・。笑いも怖さもてんこもりっなんですね!来年には是非行きます。
えん魔さん実は足がめっちゃ細いのですよ~v-392

KITORAさん→白夜行、小説を読まれたんですね~カーテンコールでは作家の吉野圭吾さんが書いた手紙を読んではったのですが、「この作品が舞台でできるとは思っていなかった」って書いてはりましたよ!
第2部の見る価値ありかも・・?(でも忙しいんですよね・)
2005/10/18(火) 16:39:25 | URL | テクイジさなえ #-[ 編集]

私は怖い話が好きです。

当然『新耳袋』も揃っております。
「山の牧場」がダントツに怖いですが、個人的には「地下室」が秀逸だと思っております。

『一心寺恐怖百物語』。
今年は美津乃あわさんの『近鉄小劇場の張り紙』の話が怖かったですね。

今はなき近鉄小劇場の音響室?(公演中、音全般を操作する部屋の事やと思います。)には張り紙があってこう書いてある。

『公演中、背中を触られても絶対に振り向かないで下さい。』

・・・なんでや~!

結構、劇場は出るみたいですね。
『一心寺恐怖百物語』の時もいたらしいし・・・。

2005/10/18(火) 18:26:01 | URL | 壇ノ浦虎爾 #-[ 編集]
虎爾さん→美津乃あわさんの話、ほんま恐いですね!公演中・・振り向く振り向く。
恐いけど、気になる。そんな感じですよね、恐い話って・・。i-238
2005/10/18(火) 23:19:33 | URL | テクイジさなえ #-[ 編集]
コメントを残す
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック■
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。